ビークレンズについて詳しく知る

ビークレンズに副作用はある?【成分の安全性を徹底調査】

ダイエットサプリメントとして話題のビークレンズですが、購入前に副作用を心配する人は多いと思います。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

ビークレンズの安全性を徹底分析しましたので、ぜひ参考にしてください!

ビークレンズの成分の安全性は?下痢の心配あり?

ビークレンズの安全性について疑問を持つ人もいますので、成分を分析してみました。

全成分はこちら

まず、ビークレンズの全成分は以下の通りです。

難消化性デキストリン、エリスリトール、黒胡椒エキス末、発酵紅茶エキス末、殺菌乳酸菌末、植物発酵エキス末、ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、豚プラセンタエキス末、ブラックジンジャーエキス末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素、酸味料、酸化マグネシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンE、ベタイン、ヒアルロン酸、シクロデキストリン、葉酸、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含む)

引用元:amazon.co.jp

ビークレンズの成分は次の点で安心

ビークレンズの安全性を示す根拠がありますので、次にその点をご説明しましょう。

実績のある成分

ビークレンズには、マグネシウム、葉酸、ビタミンEという3つの成分が配合されていて、これらは栄養機能食品に分類されるものです。

健康上の効果が証明されている成分でもありますので、この点で実績があると言えます。

厚生労働大臣が定めるGMP基準の工場で生産

ビークレンズについては、適正製造規範を遵守するGMP基準の工場で生産されています。

GMPでは、入庫、製造、出庫という全てのステップにおいて安全対策をすることが定められていますので、GMP基準の工場で生産されるものは一定の安全性が確保されているのです。

製品の品質管理や衛生管理が十分に行われているかという点だけでなく、工場自体の保守や点検、管理という部分についても厳しく審査され、問題なし判断された上でGMP認定証が発行されます。

この点からも、ビークレンズが安全なサプリメントであることがわかりますね。

 

>>ビークレンズの公式キャンペーンはこちらから  

 

ビークレンズの副作用がないと言える理由

ビークレンズの副作用について心配する人は多いでしょう。

そこで、副作用がないと言える理由を以下にまとめてみました。

理由①副作用の口コミもない

ビークレンズの口コミを徹底リサーチした結果、副作用があったという口コミは見当たりませんでした。

口コミというのはあくまで個人の意見であり、信用度は低いですが、数多くの口コミをリサーチした結果ですので、副作用がないという点については一定信用できるのではないでしょうか。

理由②医薬品ではなくサプリメントだから

医薬品とサプリメントは全く異なるものです。

医薬品は治療のために用いられるものであり、効能が高い一方で副作用が懸念される成分も含まれています。

その一方、サプリメントは栄養補助食品を意味していて、健康食品に分類されるものです。

そのため、GMP基準の工場で生産されたサプリメントということであれば、医薬品で心配されるような副作用は基本考えなくていいことになります。

理由③チャコールは海外でも普通に飲まれている

チャコールは炭のことであり、これを飲むというと少し不安があるかもしれませんね。

しかし、チャコールは海外では普通に飲まれているものです。

具体的には、チャコールをスムージーに混ぜて飲んだり、ヨーグルトに混ぜて食べたりということも行われていますので、特別不安視する必要はないでしょう。

海外ではチャコールダイエットも流行していますよ。

ビークレンズの安全性に関する唯一の注意点

ビークレンズは安全性の高いサプリメントですが、唯一注意することがあるとすれば、アレルギー面です。

ビークレンズには多くの原材料が使用されていますので、特定のものがアレルギーに引っかかるということがあるかもしれません。

そのため、ビークレンズに含まれる原材料にしっかり目を通した上で、アレルギーを引き起こすことがないかどうかチェックしておく必要があるでしょう。

 

>>ビークレンズの公式キャンペーンサイトはこちら!  

ビークレンズの口コミや効果についてはこちらで詳しく紹介しています。