ビークレンズについて詳しく知る

ビークレンズはいつ飲むのが良い?【正しい飲み方徹底講座】

ビークレンズはいつ飲むのが一番効果的かご存知でしょうか。

早くダイエットの成果を出したい方は、正しい飲み方を知っておいた方がいいですね。

配合されている成分によって効果的なタイミングもありますので、こちらの記事を参考にして下さい。

ビークレンズはいつ飲むのが効果的?

ビークレンズをいつ飲むと効果的なのか、ベストなタイミングはあるのかですが。
もし、飲むタイミングで効果に違いがあるなら、ベストなタイミングで飲みたいですよね。

こちらでは、ビークレンズに含まれている成分などにも着目して、一番効果が得られるタイミングを解説します。

公式サイトではいつ飲んでも良いとされているが・・

公式サイトでは、お薬ではないので特にいつ飲んだ方がいいなどの決まりはないと書かれています。

ただ、毎日忘れずに飲み続けるためにも、タイミングを決めて習慣化した方がいいです。

当サイトとして、おすすめは「食事前」です。

武田久美子さんは、朝食前に飲んでいるとおっしゃっています。

また、ビークレンズに配合されている成分を見るとベストは「食事前に摂った方がいい成分」もあります。

ベストは食事前の理由

ビークレンズを食事前に飲むのがベストな理由は、次の3つの成分に大きく関係してきます。

  • 水分
  • 難消化性デキストリン
  • ギムネマ

効果的にビークレンズでダイエットしたい方は、飲むタイミングを意識された方がいいでしょう。

水分を食事前に摂るのが良い理由

特に朝の体は脱水気味なため、朝起きてから水分を摂ることは美容面だけでなく健康面でも大切です。

また、起きてすぐに水分を摂るとお腹の動きを活発にしてくれるので、お通じが良くなるという事はご存知の方も多いかもしれませんね。

味のない水よりも、ベリー味のビークレンズの方が飲みやすいという声も聞かれますね。

また、豆乳や牛乳などに混ぜると味もまろやかになって、満腹感も感じやすくなり、食事の量を減らせます。

難消化性デキストリンを食事前に摂るのが良い理由

ビークレンズには、便秘や血糖値が気になる方たちに人気の難消化性デキストリンも含まれています。

難消化性デキストリンは糖を吸収するスピードをゆっくりにしてくれるため、血糖値が急激に上がる事を防ぐ効果があるんです。

食後に血糖値が急激に上がると体脂肪が増えやすくなるので、血糖値をコントロールする事がダイエットでは大切なんですね。

ギムネマを食事前に摂るのが良い理由

ギムネマは腸での糖質の吸収を抑制するため、こちらも食前に摂るといい成分です。

ビークレンズのNGな飲み方

せっかくビークレンズを飲んでも、間違った飲み方をしていると効果が得られにくくなってしまいます。

ここでは、ビークレンズのNGな飲み方をふたつ紹介していますので、気をつけて頂ければと思います。

NGな飲み方①続けない

健康食品は続ける事で徐々に体調を整えたり、体内環境を改善に導いてくれます。

そのため、「ちょっと食べ過ぎちゃったから・・・」と急に心配になってビークレンズを飲む、というような使い方では効果は得られません。

毎日コツコツ続ける事で、痩せやすい体にも導いてくれるんですね。

ビークレンズに含まれているコンブチャなどの体内環境にいい成分も、続けて摂っていく事で徐々に体内フローラを整えて痩せやすい体に導いてくれるものです。

また、体内の不要な老廃物を排出してくれるチャコールなども、たまに飲むよりも毎日摂り続けたい成分です。

NGな飲み方②何度も飲み忘れをしてしまう

ビークレンズを毎日飲みたいと思っていても、ついつい飲み忘れてしまう場合もあるようです。

せっかくのダイエットにいい成分も、続けなければ効果的には働いてくれません。

ですので、忘れずにビークレンズを飲み続けるためには、毎日いつ飲むのかを決めておくようにするといいですよ。

先程も書いたような、ベストタイミングで飲むと決めたのでしたら、「朝食前に飲む」「夕飯前に飲む」というクセをつけるといいでしょう。

ビークレンズは1包ごとになっているので持ち運びにも便利です。

ポーチなどに入れて持ち歩けば、外食の時にもいつでもお水でサッと飲むことができますよ。

 

>>ビークレンズの公式キャンペーンサイトはこちら!  

 

ビークレンズの口コミや効果は、ビークレンズは効かない?【口コミから分かるダイエット効果の真相】をご覧ください。